Trade Thinking

インターバンクと直接取引するメリットと方法は?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回は一般トレーダーがインターバンクと直接取引するメリットとその方法についてお話しします。

 

インターバンクとは?

 

皆さんもご存じの通り、我々が普段利用しているFX会社はあくまで仲介的な立場であり、FX会社もまたインターバンクにカバー取引を行っています。

言い換えればFX会社自身もスプレッド分を負担しているということであり、NDD方式のスプレッドが一般的に広いと言われているのはこのためです。

インターバンクはLMAXやCFHなど様々ですが、FX会社がどこにカバー取引をしているかを開示しているケースもありますので興味があれば調べてみてください。

 

インターバンクと直接取引するメリットは?

 

もし直接インターバンクと取引できるのであれば、トレーダーにとっても様々なメリットがあります。

まず仲介であるFX会社のスプレッド分が丸々浮くことになるのは明らかですし、また約定力も期待できるでしょう。

インターバンクの提示するレートは「生レート」などども呼ばれており注文速度も抜群に速いので、特にレイテンシーやスキャルピングをメインにしているトレーダーは取引してみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

 

インターバンクと直接取引する方法は?

 

しかし結論から言うと、我々トレーダーがインターバンクと直接取引することは難しいでしょう。

なぜならばインターバンクもまた営利企業であり、それこそFX会社規模のまとまった数量がなければ取引するメリットがないからです。

この辺は卸売り専門業者が個人相手に販売しないのと似ているでしょうか。

個人で毎月数億の注文量を出せるのであれば別でしょうが、一般的なトレーダーではまず無理と思ってください。

逆にFX会社が仲介してくれるおかげで数万円といった証拠金から始められるというメリットもありますので、そういった意味では感謝したいものです。

 

 

以上です。

某インターバンクの営業さんから聞いたことがあるのですが、注文数量さえ用意できれば必ずしも金融機関である必要はないそうです。

もちろんハードルは高いのですが、インターバンクと直接取引することを目標として日々トレードしていくのもモチベーションとしては良いかもしれません。