裁量取引

エリオット波動って何?なぜ重要なの?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回はエリオット波動についてお話しします。

この理論は近日公開予定の新ツールにも深く関係していますのでぜひ意識しておいて下さい。

 

 

エリオット波動とは?

 

 

エリオット波動は、米国のアナリストであるラルフ・ネルソン・エリオット氏によって編み出されたトレンドの分析手法です。

基本的な考え方は、「相場には必ずサイクルがあり、トレンドの価格変動には一定のリズムがある」というものであり、この言葉だけ聞くと多くのトレーダーが実感している当たり前の話に聞こえるかもしれません。

ただしエリオット波動では、トレンド相場は上昇5波と下降3波から成り立っていると定義されており、画像のように上昇はW波動、下降はN波動を組み合わせたような形となります。

なお、ただうねうねと上昇5波と下降3波が確認されれば良いというわけではなく、次のようなルールがありますので押さえておきましょう。

 

エリオット波動の3つのルール

 

上昇第1波、3波、5波の中で、3波が一番短くなることはない

 

 

例えば上昇トレンドであれば、3波は2波からの反発もあって長い線になりやすいということです。

逆に3波の伸びが少なければトレンドが終わった、もしくはトレンドではなかったと判断できるでしょう。

 

 

上昇第2波が、1波を超えて逆に動くことはない

 

 

2波は3波のための踏み台のようなものであり、それが戻りすぎると3波の反発が弱くなるとされています。

上昇トレンド中に2波が1波の起点を下回り、その後ズルズルと下がっていくようなケースを見たことがある人もいるのではないでしょうか。

 

 

上昇第4波は、1波の終点を超えることはない

 

 

こちらは2つ目のルールに似ていますが、1波の終点がサポレジラインとして機能しているかどうかといったところでしょうか。

ただエリオット波動では第3波の利益を取れるだけでも御の字ですので、こちらは第5波を狙うときに意識しておきましょう。

 

 

エリオット波動はなぜ重要なの?

 

エリオット波動は他の有名な理論と類似している点が非常に多く、言い換えれば多くの識者やトレーダーが支持している理論ですので、信ぴょう性が認められると言えるでしょう。

それは先ほどの3つのルールを意識した場合、フィボナッチの数値に非常に似てきますし、上昇波動のトレンドを3段階に分けていたり、トレンドの転換シグナルを定義づけしていたりする点は、まさにダウ理論そのものだからです。

またエリオット波動は大きなうねりを意識したものであり、スキャルピングやレンジでの逆張りと違って大きな利益を狙うことができます。

さらに言うと、損切りの目安(=トレンドの崩壊)が非常に分かりやすく定義づけされていますので、初心者の方も是非この理論を試してみてください。

 

以上です。

実際にエリオット波動を意識してトレードをしても、なかなか綺麗な形にならず損切りをすることも多いのですが、いざ大きなトレンドに乗れるとおつりがくる利益を上げられるでしょう。

また第1波と第2波をいかに早く発見してエントリーするかも重要ですので、チャートの形を意識しておくようにしましょう。