裁量取引

トリプルトップとトリプルボトムで相場の転換を判断しよう!

 

こんにちは、UnLimiteDです。

何のひねりもないバナーですが、今回はトリプルトップとトリプルボトムについてお話しします。

相場の転換を予測する重要なシグナルですので、しっかり押さえておきましょう。

 

トリプルトップとトリプルボトムとは?

 

 

トリプルトップとトリプルボトムは、以前お話ししたWトップとWボトムと同じように、ネックラインを用いて相場の転換を予測するシグナルです。

※WトップとWボトムの過去記事はコチラ

最近ではユーロ円でダブルボトムが確認されたのですが、ちょうどボトム部分が直近のサポートラインと一致するのも相まって大きく反騰しています。

 

 

特に今回のように真ん中が突き抜けている場合、3つの山がちょうど頭と肩に見えることからヘッドアンダーショルダーとも呼ばれています。

これはちょうど観音さまが並んでいるように見えることから、トップの場合は三尊天井、ボトムの場合は逆三尊とも呼ばれており、株式市場でも古くから用いられている用語ですので知識として覚えておきましょう。

 

ダブルとトリプルはどちらが強いシグナル?

 

例えばダブルボトムとトリプルボトムはどちらもトレンドの上昇を予測するシグナルですが、敢えて言うならトリプルのほう、さらに言うとヘッドアンドショルダーズボトムのほうが強いシグナルと言えるでしょうか。

それは2回より3回のもみ合いを経て底値を切り上げることで、投資家が底値に見切りをつけたと考えられるからです。

しかしトリプルボトムかと思いきやそのままレンジ相場になる可能性もありますし、それだけならまだしも実は下降の勢いを付けるフラッグ相場である可能性もあります。

このようにもみ合う回数が多いほど信ぴょう性が高くなるというわけではありませんので注意しましょう。

 

トリプルトップとトリプルボトムのコツは?

 

先ほど言った騙しを回避するために意識しておきたいことは、トレンドの発生を確認してからエントリーすることです。

なぜならば、トリプルトップやトリプルボトムで相場が完全に反転すれば、多少高値掴みしても十分利益を残せるからです。

さらに言うとエリオットの2波の戻りや3波のエントリーを冷静に狙うこともできますし、フィボナッチ指数も機能しやすい可能性もあるでしょう。

このように無理に起点から狙うと騙しに遭うケースも多いので、自信がなければ冷静にエントリーすることをお勧めします。

 

 

以上です。

トリプルトップやトリプルボトムは、順張りにしろ逆張りにしろあらゆる手法の基礎となるサインでもあります。

形としては分かりやすいほうですので、発生した時は意識しておきましょう。