裁量取引

ナンピン・マーチンゲールは本当に危険なの?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回は賛否両論のあるナンピンとマーチンゲールについてお話しします。

 

 

FXのナンピンとは?

 

 

ナンピン(難平)とは、保有した通貨の価格が下がった時に、さらに買い増す手法です。(売りの場合は逆)

買い増すことで取得した平均単価が下がり、価格が戻ったときに決済をすれば大きな利益を上げられるという仕組みです。

為替は一定のサイクルがあり価格はいずれ戻る、という前提であれば理にかなった手法と言えるでしょうか。

ただし価格が反騰せずに下落し続けると損失が大きくなりますので、エントリーのポイントにはくれぐれも注意しましょう。

 

マーチンゲールって何?

 

 

ナンピンとよくセットにされるのがマーチンゲールという手法です。

これは元々はカジノから発生した理論ですが、負けてもベット数(掛札)を倍々に増やしていくことで、いつか勝ったときに全て回収できるということです。

理論上100%勝てる手法などと言われていますが、もちろん資金が無限にあることが前提ですので追加の枚数調整は気を付けなければなりません

またナンピンで使う場合はロットを増やすことでロスカットの可能性は高くなるのですが、ロットを増やさない場合に比べてわずかな反騰でも回収できるというメリットもありますので覚えておきましょう。

 

 

FXでナンピン・マーチンゲールが敬遠される理由は?

 

 

FXのナンピンやマーチンゲールは、その手っ取り早く稼げそうなインパクトやバックテストの見栄えの良さから初心者トレーダーからも人気を集めました。

ただしエントリーのタイミングやロット管理もままならないのであれば、当然にロスカットになってしまいます。

そのような状況が続いたためナンピン系のEAはツール販売会社からは出禁にされ、販売ページでは「ナンピン・マーチンなし!」と呪文のように唱えられています。

 

ナンピン・マーチンゲールは危険?

 

このように敬遠されがちなナンピンですが、そもそも平均購入単価を調整する手法は古くからある正攻法ですし、実際に証券会社さんや銀行さんもよく投資家に勧めています。

またマーチンゲールも少ない反発で回収するというメリットもあるわけで、これらの手法自体が悪いわけではなくやはりトレーダー次第なところはあるでしょうか。

ナンピンでもエントリーや資金管理をきちんとできればリスクは少なくなりますし、トレンドが読めるようになればロスカットに向かって延々と追加注文を入れるのではなく、潔く損切りするという選択肢も生まれてくるでしょう。

いずせにせよ、ナンピンであろうが移動平均線であろうがそもそも100%勝てる手法はありませんので、その理論とリスクを十分に理解した上でうまく利用していきましょう。

 

 

以上です。

ナンピンを特別に擁護するつもりはありませんが、トレーダーが最善を尽くさずに理論自体を拒絶するのはやはり過剰と言えるでしょうか。

ただし都合の良い期間だけ抜き取ったナンピンの悪質なバックデータは今でもよく見られますので、初心者の方は特に注意しましょう。