裁量取引

リピート注文って何?メリットとデメリットは?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回は、巷で話題になっているFXのリピート注文について取り上げたいと思います。

この取引は半自動で、かつスマートフォンからもできるため敷居は低いと言えますが、デメリットもあるので確認していきましょう。

 

 

リピート注文とは?

 

リピート注文は、トレーダーが指定した条件で自動的に取引を繰り返す取引方法であり、一部のFX会社がサービスとして提供しています。

大きなトレンドを狙う裁量取引に対して、少ない利幅を何ショットも取っていくというイメージでしょうか。

 

価格や利幅など簡単な条件を指定するだけで、あとは自動的に売買してくれるのでEAに近いとも言えるでしょう。

 

 

リピート注文のメリットとデメリットは?

 

 

リピート注文は気軽にできる反面、思わぬ落とし穴もありますので、メリットとデメリットをおさらいしましょう。

メリット

 

放置できる

リピート注文は条件を入れたら自動的に売買してくれるので、チャートに張り付く必要もなければパソコンツールを導入する必要もありません。

したがって多忙な人や取り合えずFXをやってみたいという人には向いていると言えるでしょうか。

理にかなっている

為替相場はある一定の周期で上下する傾向があります。

もちろん通貨ペアの片方が破綻したら成立しないのですが、基軸通貨同士でしたら相場が片方のみに進み続けるということはまずないでしょう。

そういった意味では、細かい上下幅で利益を取っていくというリピート注文の考え方は理にかなっているかもしれません。

 

デメリット

 

資金管理が必要

リピート注文は条件さえ満たせば延々とポジションを持つことになり、ロスカットのリスクが高くなります。

必ずしも完全に放置できるというわけではありませんので注意しましょう。

相場によっては損失が発生する

先ほど為替は一定のサイクルがあると言いましたが、100%価格が戻るとは限りません。

リピート注文は、相場が逆方向に進み続けると損失が拡大しますので気を付けましょう。

 

 

以上です。

リピート注文は自動でできるとは言え、相場を読む必要があるという意味では裁量取引とそれほど変わらないでしょうか。

ただし理論自体は理にかなっていると考えます。

例えばトレンド発生時は裁量取引し、レンジ状態の時はリピート注文で放置しておくといったように使い分けしてみてはいかがでしょうか。