裁量取引

ロングとショートの違いは?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回はロングとショートの違いについて考察したいと思います。

単純なことかもしれませんが、自分のスタイルを見直すきっかけになるかもしれませんので参考にしてください。

 

ロングとショートでリスクは違う?

 

信用取引はロング(買い)からもショート(売り)からも入れるのが魅力ですが、実は株式相場ではショートのほうが理論上はリスクが高くなります。

それは、ロングポジションの最大リスクは株価が0円の時という上限がありますが、ショートポジションの場合は価格が上がり続ければ損失は無限に広がるからです。

 

 

もちろん現実的ではありませんしそれ以前にロスカットになるのですが、このような仕組みからも株式トレーダーは価格が上がることに安心感を覚えるのではないでしょうか。

これに対してFXでは相手通貨がありますので、新興国通貨ならまだしも基軸通貨同士ならどちらかの価格が0円になることはほぼありません。

むしろ相場が上下する間の「行って、来い」で両方の利益を狙えるのがFXの魅力と言えますので、ロングもショートもどちらからも入れる方が好ましいでしょう。

ただロングとショートでスワップポイントが逆になりますので、ここだけは注意してください。

 

同じ方向だけでエントリーする手法は?

 

ロングとショートの両方から入れるのが好ましいと言いましたが、いわゆる「往復ビンタ」に遭う可能性もあるのは事実であり、同じ方向だけでエントリーする手法を好むトレーダーもいます。

例えばリピート系注文は原則として同じ方向からエントリーしますし、一定期間のオープンレンジをブレイクした方向だけエントリーする方法もあるでしょう。

 

 

どの手法が正しいかは人それぞれでしょうが、やはりロングとショートの勝率を知っておくことは重要です。

データとして見るにはそれなりの取引数が必要であるものの、取引履歴を見ると片方のほうが利益が出ているのは良くあることです。

もしロングかショートのどちらかの結果が芳しくないとすれば、そちらのエントリーを控えるだけで全体的な勝率が上がるということになりますので、一度確認しておくことをお勧めします。

 

 

以上です。

おそらくベテランのトレーダーでも、好みや手法の違いでロングとショートのどちらかに偏っている可能性はあるでしょう。

この辺はどちらが正解と言うのはないのですが、自分の癖を見直す意味でも一度確認してみてはいかがでしょうか。