裁量取引

三角持ち合いのブレイクチャンスはどう判断する?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

以前サポートラインとレジンスタンスラインついてお話ししましたが、今回はその応用編ともいえる三角持ち合いについて取り上げたいと思います。

※サポートラインとレジスタンスラインについてはこちら

 

 

FXの三角持ち合いとは?

 

 

FXのチャートでは、大きなトレンドが終わった後で値幅が徐々に少なくなり右側(現在側)と角とする三角形の形ができることがあります。

これを三角持ち合い(トライアングル)と言い、一般的にはその後に大きな値動きが発生すると言われています。

それは取引に煮詰まった投資家が、しびれを切らして再度トレンドを作りたがるからでしょう。

また三角形の形がきれいであるほどその後の値幅(ブレイク)も大きいと言われています。

 

三角形の種類は?

 

三角持ち合いを判断するときは、感覚で見るのではなく必ずサポートラインとレジスタンスラインを引きましょう

また三角形の形状として、次の基本形があることを知っておいて下さい。

 

【均衡型】

上下のラインがちょうど二等辺三角形のような形をしています。

 

【サポート型】

冒頭紹介した型で、サポートラインが平行な三角形です。

 

【レジスタンス型】

サポート型とは逆で、レジスタンスラインが平行な三角形です。

 

それぞれの形でどちらにブレイクしやすいかはケースバイケースです。

まずは三角持ち合いの後はブレイクが起きやすいということだけ覚えておきましょう。

 

ブレイクチャンスはどう見分ける?

 

 

 

FXの三角持ち合いでブレイクチャンスを狙う場合、重要なことは投資家たちがどちらに抜けようとしているか想像することです。

例えばラインからひげがはみ出ている方向には傾きやすいのか、また他の時間足でのトレンドとは逆だからこれは騙しなのかといったようなことです。

さらにティックの強弱も重要であり、ブレイクが弱いと判断したら躊躇なく損切りすることも必要でしょう。

いずれにせよ三角持ち合いは、特に長い時間足では頻繁に出現するものではありませんので、通貨ペアにとらわれずに好ましい形を探す癖をつけるようにしましょう。

 

以上です。

三角持ち合いは結局アノマリー的な理論とはなるのですが、それでもブレイクポイントであることには違いありません。

テクニカル分析をする上でとても重要なことですので、今一度意識してみてはいかがでしょうか。