裁量取引

順張りと逆張りって何?どちらが正しいの?

こんにちは、UnLimiteDです。

今回は、FXトレードの基本である「順張り」と「逆張り」についてお話します。

 

順張りはトレンドフォロー

 

順張りとはトレンドフォローとも言われており、現在のトレンドと同じ方向に注文を入れる手法です。

大きな流れに乗れた時は利益が出る反面、反発やいわゆる「だまし」によって損失が出る可能性もあります。

また為替取引は、どちらかの方向に永遠に進み続けることはほぼあり得ませんので、いつか反発するという視点も重要でしょう。

 

逆張りは反発を狙う

 

逆張りは、現在のトレンドとは逆の方向に注文を入れる手法です。

あえて大きな流れに逆らう理由は様々ですが、例えばサポートラインやレジスタンスラインなどによる反発を予測するような場合です。

ただしトレンドが強い場合は、逆の注文を入れても簡単にはね返されることがありますので注意しましょう。

 

順張りと逆張りはどちらが正しいの?

 

順張りと逆張りのどちらが正しいかと言われれば、ケースバイケースとしかお答えしようがありません。

トレンドの勢いが強ければ順張りをしてもいいですし、抵抗線などの反発要因があると判断すれば逆張りをしてもよいでしょう。

ただしいずれの場合でも、利確と損切りが重要です。

画像のように、もし順張りで上昇トレンドに乗れたとしても利確をしなければズルズルとマイナスとなりますし、逆に逆張りをしても、損切り幅次第では利益を得るチャンスがあるということです。

FXの相場はすぐに変わりますので、順張りや逆張りは元より、利確や損切りのルールを決めて取引してみてはいかがでしょうか。

 

政倉翼 【カリスマニート】さんが配信しているyoutubeで配信、宣伝しているFX最強ツール「infinity」とは一切関係がありません。
また、販売会社とも一切の関係はありません。

ご理解のうえ当ブログをご覧になってください。