Trade Thinking

FXでMT4を使うメリットは?デメリットもある?

 

こんにちは、UnLimiteDです。
当サイトで紹介しているFXツールは、MT4で稼働する仕様となっています。
そこで、MT4を利用するメリットとデメリットについておさらいしましょう。

 

MT4はFXの取引ツール

 

 

MT4(エムティーフォー)はMetaTrader4(メタートレーダー4)の略で、ロシア発祥のMetaQuote(メタクオーツ)社が開発したFXの取引システムです。

日本だけでなく世界でも多くのFX会社がこのシステムを利用していますが、全てのFX会社が採択しているわけではありません。

またMT4を提供するFX会社が異なればスプレッドや約定力は当然変わるのですが、MT4のインターフェイスや操作方法などは基本的に共通していますので覚えておきましょう。

 

MT4のメリットは?

 

FXトレードをMT4でやるメリットは、何よりも豊富なツールと言えるでしょう。

インジケーター(Indicator)というチャートの内外にサインを描写するツール、またエキスパートアドバイザー(EA、Expert Adviosor)という自動売買ツールなど多岐にわたります。

これらのツールは世界中で開発されており、無料で使えるものも多いのでまずは試してみましょう。

 

MTのデメリットは?

 

MT4には以下のデメリットもありますので注意しましょう。

・スプレッドが広い傾向がある

FX会社がMT4を採用するとなれば、MetaQuote社にライセンス料を払わなければなりません。
そう考えるとトレーダーの取引手数料に若干のしわ寄せが来るのはやむを得ないでしょう。

・導入までの敷居が高い

MT4の操作は慣れれば楽なのですが、ぱっと見たかんじではボタンも多く複雑な印象を受ける人もいるでしょう。
ただしこちらのデメリットは、FX会社やツール販売者のサポート次第といったところでしょうか。

・情報量が多すぎて本末転倒に?

MT4のツールは非常に多く、組み合わせも考えたら無限大です。

なんでもかんでも導入すると、トレードの勝敗の原因が分からなくなるばかりか、パソコンの負担も大きくなるので注意しましょう。

 

以上です。

MT4にはデメリットもありますが、FXで最も重要な勝率を上げることや、事故を防ぐといった意味では、やはりメリットが上回るのではないでしょうか。

操作に関しては一度覚えたら本当に楽ですので、まずはデモ口座でもダウンロードして触ってみることをおすすめします。