裁量取引

FXのパーフェクトオーダーとは?使い方は?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回はFXパーフェクトオーダーについてお話しします。

これは移動平均線を用いた基本なトレンド分析ですので順番に確認しましょう。

 

 

パーフェクトオーダーとは

 

 

 

FXではトレンドが発生した時に、長期線、中期線、短期線の3本の移動平均線がきれいに並ぶ時があります。

ここでトレンドフォロー(順張り)を入れるのがパーフェクトオーダーです。

また平均線の並びも重要で、ロングの場合は下から順に長期→中期→短期となっており、ショートの場合はその逆です。

さらに平均線の値(足数)は、短期が25、中期が75、長期が200というのが基準となりますので覚えておきましょう。

 

 

パーフェクトオーダーのデメリットは?

 

 

 

パーフェクトオーダーはレンジ相場や騙しに弱いというデメリットがあります。

実はパーフェクトオーダーの条件である長・中・短の平均線が並ぶタイミングはごまんとあり、そこで毎回注文を入れていたらとてもじゃないですが利益を上げるのは難しいでしょう。

またトレンドが発生したとしても、平均線が並ぶタイミングで注文を入れると乗り遅れているケースも多く、なかなか使いづらいと思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで私は次のことを意識しています。

パーフェクトオーダーの利益を上げるコツは?

 

反転を狙う

ロングのイメージで言うと、長期線に対して短期線、中期線の順番で下からググっと追い抜くような状況です。

また注文のタイミングは中期線が抜けたタイミングですぐ入れます。

このように平均線のメリハリがある時を狙えばある程度レンジを回避できるでしょうか。

 

勝率はある程度捨てる

騙しに弱いのはトレンド系の宿命と割り切って、先ほどの条件を満たせばとにかく注文を入れて外れたら損切りをするということです。

パーフェクトオーダーでトレンドの波に上手く乗れたときは、ロング・ショートの両方で利益を得ることができます。

この「行って、来い」で得られた利益は結構なもので、勝率が良くなかったとしても当たれば一気に回収できることでしょう。

ただし、勝率を捨てるわけですから資金管理には十分注意しましょう。

 

 

以上です。

パーフェクトオーダーの大きな波に乗るのは簡単ではありません。

しかしうまく乗れた時の喜びは言葉で言い表せませんので、一度味わってみてはいかがでしょうか。