裁量取引

FXのピラミッディングとは?シンプルなのに勝てるの?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回はFXのピラミッティングについてお話しします。

これはシンプルながらも理にかなった手法ですのでトレンドフォローのひとつとして覚えてきましょう。

 

 

FXのピラミッディングって何?なんでピラミッドなの?

 

 

FXのピラミッディングとは自分の予想したトレンドが当たったら、ロットを減らしつつもさらに同じ方向のポジションを増やしていく方法です。

 

例えば上昇トレンドでは買い増しを行うのですが、リスクヘッジのために買い増す度に枚数が減っていくのがピラミッディングの特徴で、ちょうどロットのピラミッドが形成されるイメージでしょうか。

逆に価格が下がった時に買い増しを行うナンピンとなんとなく似ていますが、当然エントリーのタイミングは異なりますので一緒にしないように注意しましょう。

 

FXはピラミッディングの単純な方法で勝てるの?

 

 

FXのピラミッティングは「価格が上がれば買う、下がれば売る」といったある意味トレードの王道ともいえる理論であり、中途半端な手法より信ぴょう性が高いと言えるでしょう。

しかし基本的にトレンドフォローですのでいつでも注文を入れればいいわけではありません。

レンジ状態の場合は割り切って静観し必ずトレンドの発生時できれば起点を狙うようにしましょう。

ピラミッディングのトレンドはいつ発生する?

 

ピラミッディングでは追加注文を入れることになりますので、比較的大きめのトレンドを見極めることが重要でしょう。

私の場合は、ピラミッディングをするときは次のことを意識しています。

 

サポートやレジスタンス、またネックラインからのブレイク

こちらはトレンド分析の基本ですが、三角持ち合いが確認できればなお好ましいでしょう。くれぐれも騙しには気を付けて、他の時間足も確認しましょう。

 

エリオット波動の「上昇第一波」「上昇第三波」

「上昇第五波」まで出現すればベストですが、三波で利確しても十分な利益が得られるでしょう。

 

買い増しのポイントはフィボナッチ指数

買い増しを行うときは38.20付近までの押し戻しを確認してからにしています。

逆に61.80を超えて反発すれば利確しておいたほうが無難と言えるでしょう。

 

ロット管理

トレンドはいつかは終わりますので、延々と追加注文を入れられるわけではありません。

二発目はあまりロットを減らさなくても良いですが、三発目からは半分、四発目はさらに半分といったように思い切って減らしたほうがリスクヘッジになるでしょう。

 

またピラミッディングで重要なのは、一発目の注文が外れた時は潔く諦めて損切りをすることです。

一発目の方向が一致して初めて成り立つ理論ですので、だらだらとポジションを持ったり、また逆に進んだからといってナンピンに移行したりすることがないようにしましょう。

 

 

以上です。

今回は買い増す度にロットが減っていくピラミッディングを紹介しましたが、同じロットを打っていくケースや逆にロットを増やす手法もあり、いずれお話ししようと思います。

ただしこれらの方法に比べてピラミッディングが比較的安全と言われていますので、まずはこちらに慣れてみてはいかがでしょうか。