裁量取引

FXのZigZagの使い方は?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回はFXのインジケータであるZigZagについてお話しします。

 

 

FXのZigZag(ジグザグ)とは?

 

 

「ZigZag」は、設定したパラメータに従ってローソク足の高値と安値同士を結んだ、その名の通りジグザグとしたラインを表示するインジケータです。

基本的に「Depth」というパラメータを大きくするとラインが大まかになり、逆に小さくすると細かくなりますので覚えておきましょう。

ZigZagを利用することでひげやノイズのないラインができますので、設定次第では高値や安値が分かりやすくなるというメリットはあるでしょうか。

 

例えば画像のように窓開け長いひげが多発する1分足でも高値と安値がしっかり表示されますので、スキャルピングをするときの目安とはなるでしょう。

 

ZigZagのデメリットは?

 

ZigZagは良くも悪くも、パラメータ通りのラインが描写されますので、ある意味融通が利きません。

 

例えばこのようなトレンドに対して、黄色い線のようなラインを想定し、ZigZagで描写してみるとします。

 

するとパラメータが小さい場合、画像のように細かい反発も拾ってしまいます。

 

逆にパラメータを増やすと今度はトレンドの起点が変わってしまいまい、中々思ったように描写できません。

ZigZagが判断しているのだから初めに引きたかったラインがそもそもおかしい、という可能性ももちろんあるのでしょうが、そこまで完璧なラインを求めていたらいつまで経ってもエントリーできないでしょう。

むしろトレンドライン描写は感覚的なものも重要ですので、まずは自分の目視を優先し、それでも迷うようであればZigZagを参考にするようにしましょう。

 

 

以上です。

ZigZagは感覚でラインが引けない初心者向きとも言われていますが、初心者だからこそZigZagに頼らずにまずは自分で引いてみるという考え方もあるでしょうか。

またパラメータをころころ変えるとドツボにはまりかねませんので、迷うようであればデフォルトのパラメータで参考にする程度に留めておきましょう。