裁量取引

FXはどの時間足で取引したらいいの?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回はFXの時間足とトレードスタイルについてお話ししたいと思います。

 

 

時間足別のトレード手法

 

FXの取引手法は、注文(エントリー)から決済(クローズ)までの時間によって次の4つに分けられます。

この違いによって利用する時間足が変わってくるので、まずは自分がどのスタイルであるかを押さえておきましょう。

・スキャルピング

短期間に何回も取引する手法で、ポジションの保有時間は数秒~数分と最も短いです。

上手くやれれば利益を積み重ねられますが、常にチャートを見てなければなりませんし、取引回数が多いためスプレッドで負ける可能性もあります。

・デイトレード

ポジションの保有時間は数十分~1日であり、その日のうちに決済するというのが特徴です。

スキャルピングに比べていち取引の利益幅や損失幅は大きくなります。

・スイングトレード

2日~5日おきに取引を行う手法で、チャートを常に確認しなくて良いというメリットがあります。

ワンショットで狙える利益はさらに大きくなりますが、損失も比例して大きくなります。

・ポジショントレード

1週間以上ポジションを持つ、最も長期的な取引手法です。

最も大きな利益が期待できますが、想定される損失も大きくなるばかりか、放置によるロスカットの可能性も高くなりますので注意しましょう。

 

 

どの時間足を使えばいい?マルチタイムフレーム分析とは

 

FXでどの時間足を使うかどうかは、先ほどお話しした取引スタイルによって異なります。

スキャルピングでは1~5分足、デイトレードでは5分足~1時間足、スイングトレードは1時間足~4時間足、ポジショントレードは4時間足以上がよく利用されているでしょう。

ただしどのスタイルにしろ、他の時間足のチャートも見るというマルチタイムフレーム分析が重要です。

それは今見ているトレンドが正しいかどうかの判断材料にもなりますし、支持線や抵抗線なども見やすくなるからです。

特にFXでは大きな流れを把握することが非常に重要ですので、少なくとも今見ている時間足より長い時間足は確認するようにしましょう。