Trade Thinking

MT4のリアル口座とデモ口座の違いは?

こんにちは、UnLimiteDです。

FX会社の中には、MT4のデモ口座を提供しているところもあります。

そこで今回は、MT4のリアル口座とデモ口座の違いについて確認しましょう。

 

 

MT4のデモ口座とは?

 

MT4のデモ口座は、その名前の通り仮想の資金を用いてトレードができる口座です。

損失が出たとしても痛みがないので、裁量取引の練習や、EAのフォワードテストに使われることが多いでしょう。

余談ですがデモ口座を提供するにあたって、FX会社はサーバー等の維持費がかかります。

トレーダーとしては、デモ口座をいつまでも使えるかどうか分かりませんので注意しましょう。

 

デモ口座の注意点

 

MT4のデモ口座では、リアル口座と全く同じ取引ができるわけではありません。

それはリアル口座と違ってデモ口座からの注文はチャートに影響しないからです。

言い換えるとデモ口座からの注文はほぼ確実に入るということであり、いざリアル口座でやってみると約定拒否や予期せぬスリッページが起こりかねません。

したがって、デモ口座はあくまでもデモだと割り切るほうが賢明でしょう。

 

 

デモ口座は信頼できない?リアル口座のほうが良いの?

 

 

 

MT4のデモ口座は信ぴょう性に欠けるという話をしましたが、リアル口座だからといって100%信頼できるわけでもありません。

なぜならば配信レートや約定力の差は、結局FX会社の匙加減ひとつな所もあり、リアル口座と言えど不透明な部分はあるからです。

しかしトレーダーとしては、そういった仕様であると受け入れる他ないでしょう。

いずれにせよ細かい仕様は取引してみないと分かりませんし、最小ロットで取引すれば損失も抑えられますので、どうせ取引するならリアル口座から始めるのもひとつの方法と言えるでしょう。

 

 

以上です。

MT4の操作は一見複雑そうに見えるため、慣れるためにデモ口座を活用するのは好ましいでしょう。

ただしFXで実利を上げていくのが目的であれば、少しでも早くリアル口座に移行して仕様に慣れることをお勧めします。