裁量取引

ダウ理論はテクニカル分析の基本!

今回は「ダウ理論」のお話をしたいと思います。

これはテクニカル分析において重要な要素が詰まっており、また近日公開予定のUnLimiteD新ツールにも深く関わっていますので、ぜひ押さえておいてください。

 

ダウ理論とは?

 

ダウ理論は、アメリカの証券アナリストであるチャールズ・ダウが提唱した市場分析の方法です。

現在では株式のみならずFXでもこの考え方が流用されており、テクニカル分析の基本ともいわれています。

ダウ理論は次の6つの基本原則から成り立っていますので、順番に確認しましょう。

 

ダウ理論の6つの基本原則

 

平均(平均価格)はすべての事象を織り込む

価格には経済指標や金融政策、さらに災害等を含む全ての現象が反映されているということです。

極端ですが「チャートだけ見ていればファンダメンタル要因は無視して良い」と言い換えられるでしょう。

トレンドには3種類ある

トレンドは短期・中期・長期が混在し、それぞれで構成されるという考え方です。

例えば長期的に見れば上昇トレンドであったとしても、中期的、さらに短期的に見ると反発による調整局面があることを皆さんもご存じのことでしょう。

主要トレンドは3段階からなる

こちらも今でこそ一般的に認知されてますが、大きなトレンドには先行期、追随期、利食い期の3つステージが必ずあるということです。

先行期は悪い判断材料がなくなって一番安値で買える時期、追随期は他の投資家が加わり急伸する時期、利食い期はその名の通りでここで購入しても既に遅い時期です。

平均は相互に確認されなければならない

広義でいうと「金利が上がると債券が下がる」といった相関関係を確認することですが、FXで例えるとトレンド分析ではMAだけでなくRSIも確認するいったところでしょうか。

なお私がトレードをする場合、同通貨の違う時間足を必ず確認するのですが、狭義の意味でここに当てはまると考えます。

トレンドは出来高でも確認されなければならない

これはトレンドが勢いに乗るときは、出来高も増えるということです。

当たり前の話に聞こえますが、出来高が増えずにだらだら動くときはトレンドとは見なさないという考え方が非常に重要ですので覚えておいてください。

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

こちらも非常に重要な考え方であり、トレンドは明確な転換期があるまで継続し続けるということです。

よくある例が、上昇トレンド内での反発の安値が更新されていればトレンドが続き、安値を割れば終了というパターンであり、取引歴の長い方は実感されているのではないでしょうか。

 

 

以上です。

ダウ理論自体が1世紀以上前もの昔に、また株式市場で考案された理論ですので、ある程度かみ砕いた形で今回は紹介しました。

しかし6つの原則はどれも重要であり、ひとつでも欠けたらトレンドは崩壊していると考えて問題ないでしょう。

特に6つ目の考え方である安値の更新などは、近日公開予定のツールにも密接にか関わっていますのでぜひ知っておいてください。

政倉翼 【カリスマニート】さんが配信しているyoutubeで配信、宣伝しているFX最強ツール「infinity」とは一切関係がありません。
また、販売会社とも一切の関係はありません。

ご理解のうえ当ブログをご覧になってください。