裁量取引

ネックラインの引き方と使い方は?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回はFXのネックラインについてお話しします。

これはトレンドの転換を予測する目安となりますので押さえておきましょう。

 

ネックラインって何?引き方は?

 

 

ネックラインは直近のローソク足の高値または安値同士を引いたラインのことで、トレンドの発生や終了を予測する目安となります。

サポートラインやレジスタンスラインがチャート全体の上下同士を繋げているのに対して、ネックラインは部分的かつ水平になっているのが特徴です。

したがってその効果は短期的であり、臨機応変に引き直す必要があることを覚えておきましょう。

 

ネックラインの使い方は?

 

ネックラインの使い方は基本的にサポートやレジスタンスと同じで、ラインを抜けたら伸びると一般的に言われています。

例えば直近の高値を更新するダブルトップではその後勢いが増すと考えられており、ダブルボトムはその逆となります。

 

またトレンド発生中に直近の戻り値まで反発し、その後さらにその戻り値を割り込んだ場合はヘッドアンドショルダーと言ってトレンド終了のサインとなります。

これはダウ理論での「トレンドの明確な転換シグナル」にも繋がると言えるでしょうか。

いずれにせよこれらはトレンドの有無を予測する目安となりますので、それぞれの形になっているかどうかチャートに目を付けるようにしましょう。

 

デメリットや注意点は?

 

ネックラインはサポートラインやレジスタンス以上に描写しづらいと言えるでしょう。

なぜならばライン自体が短期的なものであり、またローソク足の実体のみを結ぶかひげも含むか等、トレーダーによって解釈が若干異なるからです。

だからこそ描写のタイミングや線の長さなどのコツをつかめば実践でもかなり有用となりますので、ぜひ挑戦してみて下さい。

またライン描写の基本となりますが、異なる時間足も必ず確認してラインの信ぴょう性を確認しましょう。

 

以上です。

ネックラインは、サポートやレジンスタントと同じでとにかく引いたもの勝ちです。

綺麗な形にならなくとも、取り合えず描写して慣れてみてはいかがでしょうか。