裁量取引

フィボナッチリトレースメントでトレンドの強弱が決まる?

こんにちは、UnLimiteDです。

今回は先日取り上げたFXのフィボナッチ係数を用いた手法のひとつである「フィボナッチリトレースメント」を紹介します。

これはトレンドの勢いや終了のタイミングを判断する目安となりますので、ぜひ覚えておきましょう。

 

フィボナッチリトレースメントって何?

 

フィボナッチリトレースメントはフィボナッチ係数を用いたトレンド分析の手法です。

皆さんもご存じの通りFXのトレンドは大なり小なり反発があり、この反発の引き返し(リトレースメント)の幅でトレンドの強弱を判断するのです。

具体的な数字で言うと38.2%、61.8%、また50.0%のフィボナッチ指数を利用するのですが、実際に見たほうが早いでしょう。これから画像と合わせてお話しします。

 

フィボナッチリトレースメントの引き方・使い方は?

 

それではフィボナッチリトレースメントの具体的な活用方法を順番に見ていきましょう。

 

例えばこのような上昇トレンドが発生したとします。

 

まずはフィボナッチを引きましょう。上昇トレンドの場合は下値が起点で上値が終点となります。

 

そして価格が下がり、38.2付近で反発すればトレンドの勢いが強くなるというのがフィボナッチリトレースメントの一般的な考え方です。もし価格が下がらず上昇し続ければ、フィボナッチを引き直しましょう。

 

また61.8付近まで押し戻されて反発する場合、そのトレンドは弱くなると言われています。

 

さらに61.8付近を超えて引き返されるときは、すでにトレンドは崩壊していると考えられており、損切りをするひとつの目安となります。

 

実際のチャートではどうなったかというと、38.2付近で反発したものの勢いが出ずに価格は下落しました。

このようにフィボナッチリトレースメントも確実ではありませんので注意が必要です。

ただ画像のように、23.6や38.2を下回った時点で下落の勢いは加速しており、また61.8を下回ったらトレンド終了と判断されたのかレンジ状態になっています。

上昇トレンドは継続しませんでしたが、多くの人がフィボナッチ係数を意識していると言えるのではないでしょうか。

 

以上です。

フィボナッチリトレースメントは、私もトレンドの強弱を判断している重要なトレード方法です。

今回は画像で紹介しましたが、ローソク足のティックの動きも重要で、慣れるとより精密な予想ができるでしょう。

とにかくどの通貨ペアでもいいのでトレンドが出たら、フィボナッチを引いてみて各指数に注目してみましょう。