裁量取引

ボリンジャーバンドの正しい使い方は?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回はボリンジャーバンドの使い方についてお話しします。

特に今まで逆張りにしか使っていなかった人はぜひ参考にしてみてください。

 

ボリンジャーバンドとは

 

ボリンジャーバンドは、現在の価格から上下に描写されるラインです。

このラインは標準偏差に基づいて描写され、ローソク足が超えた時にこのライン内に収束すると言われています。

上下に3本線(-3σ~+3σ)を用いることもあるのですが、今回は分かりやすいように上下1本だけで見てみましょう。

 

 

画像のように価格がバンドを突き抜けた後に価格が収束する傾向があるため、逆張りとして利用されるケースが多いでしょうか。

しかしボリンジャーバンドは順張りにも使えますのでポイントを押さえておきましょう。

 

ボリンジャーバンドの順張りの使い方は?

 

ボリンジャーバンドを使う際に、ローソク足が抜けたからと言って何でもかんでも逆張りをするのは好ましくありません。

なぜならば、トレンドが強いケースでは価格が反発するどころか、ラインに沿って価格が動くバンドウォークという現状が起こるからです。

 

 

この場合は順張りが正解となるのですが、エントリーのタイミングに見てみましょう。

 

ボリンジャーバンドが縮まった状態(スクイーズ)は、今後大きなトレンド(エクスパンション)が起こる目安と言われています。

エントリーの方向は単純にローソク足が抜けた方向で問題ないのですが、やはりノイズや騙しには注意しなければなりません。

ボリンジャーバンドも結局トレンド系のインジケータなので、トレンド予想が外れた場合は早めに損切りするようにしましょう。

またバンドウォークもいつかは収束しますので、利確の幅をルールー付けして決済のタイミングを逃さないようにしましょう。

 

 

以上です。

ボリンジャーバンドの使い道は逆張りだけではありません。

むしろバンドウォークの順張りにうまく乗れた時のほうが利益が出るケースもあるので、試してみてはいかがでしょうか。