裁量取引

ローソク足のトンカチとカラカサとは?

こんにちは、UnLimiteDです。

以前ローソク足の記事の中で、複合体の分析は多岐に渡るという話をしました。

※参考:ローソク足を意識する?なぜ大事なの?

そこで何回かに分けて取り上げる予定ですが、今回はトンカチとカラカサについて押さえておきましょう。

 

ローソク足のトンカチとカラカサは?

 

 

トンカチは上ひげが長く、実体が短いローソク足のことで、上影陽線または上影陰線とも呼ばれています。

カラカサは逆に下ひげが長いケースであり、下影陽線または下影陰線とも呼ばれています。

名称を正しく覚える必要はありませんが、このような形が出たらトレンド転換のサインになるということを覚えておきましょう。

トンカチの意味

トンカチのは一度は高値を付けたものの終値が低かった時に形成されますので、一般的には勢いの衰えを意味します。

特に高値圏や上昇トレンドの最中に発生した場合、上げどまりの判断材料となるでしょう。

逆に下値圏で上影陽線が形成された場合は下げ止まりで今後上昇トレンドが発生するサインとも言われています。

 

カラカサの使い方

カラカサは逆に一時的に下値を大きく更新したものの、かといって始値以上に大きく反騰もしなかったケースに形成されます。

これが下値圏で発生した場合は、これ以上価格を下げたくないという投資家の心理が表れており、下げ止まりを暗示していると言えるでしょう。

逆に高値圏で形成された場合は上げどまりを示唆し、上昇トレンドの終了を告げるといったところでしょうか。

このようにトンカチにしろカラカサにしろ、どこで発生したかによって解釈が真逆となることがあります。

したがってローソク足単体だけで判断しないように注意しましょう。

 

 

トンカチやカラカサを使った実践方法は?

 

FXのトンカチやカラカサは、トレンド転換の予測に用いるのが効果的と言えるでしょう。

 

例えば画像のような上昇トレンド中に、ちょうどフィボナッチ指数の付近でトンカチが発生した場合、そのトレンドは崩壊すると予測するようなことです。

またトンカチやカラカサは、意外と綺麗な形で形成されることが少ないため、ノイズを軽減する意味でもなるべく1時間足以上の長い足で確認するようにしましょう。

 

以上です。

トンカチやカラカサに限ったことではありませんが、ローソク足の分析で重要なのは単体の形だけでなくそれがどこで発生するかです。

今回紹介した2つの形は比較的見つけやすいので、過去チャートで分析してみてはいかがでしょうか。