裁量取引

ローソク足を意識する?なぜ大事なの?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回は初心に帰ってローソク足について意識してみましょう。

 

 

FXのローソク足はなぜ重要なの?

 

 

言うまでもないかもしれませんがFXのローソク足が重視される理由は、投資家の心理をそのまま表しているからです。

例えば上昇トレンド中に同じ陽線が形成されたとして、上ひげが長い陽線と上ひげがない陽線、また実体の長さによってその後の勢いも違ってくるでしょう。

FXではローソク足の形だけ見るという手法もあるくらい重要な要素ですので意識してみましょう。

 

ティックの動きって何?

 

ティックとはローソク足が形成されるまでの価格の動きのことで、こちらも非常に重要です。

 

例えば画像では同じ陽線でもAとBはティックの違いによってサポートとレジスタンスが逆になっているのが分かるでしょうか。

このように全く同じローソク足でもティック次第で印象が全く変わってきますので、短い時間足でスキャルピングをする場合は特に注意してください。

またFX会社によってはティックチャートを提供しているケースもありますので覚えておきましょう。

 

 

ローソク足を意識したトレンド分析は?

 

ローソク足をつかったトレンド分析は、何本かの複合体で見るのが一般的ですが、意外と一本だけで見ても色々な情報が読み取れるものです。

例えば画像のように、上昇トレンドが期待できるタイミングで、矢印 ↕ の範囲でティックが動いていたとします。

高値も大きく更新しているので、さらなる上昇が期待できるかもしれません。

 

しかし実際のチャートでは高値こそはつけたものの、上ひげが非常に長い陽線、つまりトレーダーが警戒する典型的なパターンの上影陽線が形成されてしまいました。

その後は長い陰線が続き、上昇トレンドはなかったと判断されたのかレンジ状態となっています。

このように一本のローソク足でトレーダーの心理が大きく変わることもありますので、今一度確認しててはいかがでしょうか。

 

 

以上です。

ローソク足の複合体による分析については、非常に種類が多いため改めてお話ししたいと思います。

ただ今回のようにローソク足一本だけでも、ひげの長さやティックの動きで様々な予想できますので覚えておきましょう。