Trade Thinking

先週の相場について

 

こんにちは、UnLimiteDです。

先週の相場動向や私の取引結果などについてお話しします。

 

先週の出来事と相場は?

 

先週(8/30~9/3)は雇用統計がありましたが、同日に菅総理の不出馬の報道があり、円売りの影響でドルが一旦上昇します。

その後の非農業部門雇用者数が予想より下回ったことでドルが下落し、結果的に元の水準まで戻りました。

ただ値幅は40pips以内とそこまで大きくなく、前日までの調整相場からの大きなブレイクを期待していたトレーダーにとっては煮え切らない結果となったのではないでしょうか。

なお私のトレード結果ですが、基本的に雇用統計は静観していますので、その前のレンジ相場で逆張りをした程度です。

 

 

スクショを取り忘れたのでデイリーピボットが表示されていませんが、おそらくS2かS3付近の逆張りだったかと思います。こんな感じで10pips前後をコツコツといった感じです。

 

 

今週はどうなる?

 

ドルストに関しては雇用統計後の戻しを意識したいところですが、先ほど言ったように今回はそこまで動かずむしろ中期的には三角持ち合いの通貨ペアもあります。

週明けの方向性とピボットがどのように機能するかに注目したいところです。

またユーロに関しては、9日にECB理事会が開催されます。

ユーロ円やユーロドルはここ最近上昇し続けており懐疑的な見方もありますが、行くときは一気に行きますのでテーパリングの内容には注意しましょう。