Trade Thinking

先週の相場について

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回は先週のFX相場に振り返ってみます。

 

先週は何があった?

 

先週(7/12~7/16)に起こった大きなニュースは、やはり週半ばにあったパウエルFRB議長の発言でしょう。

内容をひとことで言いますと、緩和状態にある金融市場の引き締め(テーパリング)はすぐには行わないよ、といったものでした。

その発言による投資家の安心感からか、過去最高と言われるNYダウは高値圏を維持したものの、コロナを懸念した利食いにより週末は下落となります。

 

先週のFX相場について

 

FX相場ではパウエル議長の発言時は若干のドル高となりましたが、その後は特に目立ったトレンドや波動の傾向はなく、総じてレンジ状態だったと言えるでしょうか。

 

ただし画像のように三角持ち合いが確認できる通貨ペアも多く、また予定通りであれば来週からオリンピックも始まりますし、何が起爆剤となるか分かりません。

サポレジラインを意識するのはもちろんのこと、相場が反転するポイントとフィボナッチ指数を意識して、エントリーチャンスを逃さないようにしたいものです。

 

 

以上です。

今回のようなリマインドは、私自身の裁量トレードの結果と合わせて今後も続けていく予定です。

皆さんも「UnLimiteDツールでこれだけpipsが取れた!」ということがあれば、今後の開発の励みにもなりますのでご一報いただければ幸いです。