Trade Thinking

EAは本当に勝てる?工夫できる点は?

こんにちは、UnLimiteDです。

今回はFXの自動売買の中でも、MT4で稼働するEAに焦点を当ててみたいと思います。

 

FXのEAとは

 

EA(エキスパートアドバイザー)はMT4(メタトレーダー4)で稼働するFXの自動売買プログラムです。

自動売買自体はFX会社が独自のシステムを提供しているケースもあるのですが、EAはFX会社を選べる点が魅力でしょうか。

ただしEAは奨励するFX会社以外で利用するとパフォーマンスが落ちるケースがあるので注意しましょう。

 

EAの自動売買は本当に勝てる?

 

 

私が投資を始めた10数年前と比べてEA開発の敷居が下がっているためか、市場には本当に多くのEAが出回っています。

残念ながら粗悪な印象のあるEAも中にはあるのですが、全てがそうとは限りません。

したがって、EAの自動売買で利益を上げることは十分に可能でしょう。

 

自動売買で勝つための工夫は?

 

EAの自動売買はちょっとした工夫でパフォーマンスが上がるケースがあります。

そこで私が自動売買で注意していることを紹介しますので順番に確認しましょう。

・相場が荒れる日は一時中断する

EAの自動売買は、プログラミング通り忠実に売買するため、プログラムが想定しない急激な相場変動に弱いです。

したがって、経済指標や要人発言などの相場が荒れるであろう時は、止めておくほうが望ましいでしょう。

事前のポジション整理のほか、発表後の利確の動きもありますので、前後で丸一日くらい止めてるほうが無難でしょうか。

 

・あれこれいじらない

EAの多くはバックデーターに基づいて、総合的に利益が出るようにプログラムされています。

したがって自分の感情で裁量要素を入れると逆にパフォーマンスが悪くなる場合もあるでしょう。

利益が出た時にT/Pをもっと取りたかったり、含み損が出ているときに早々に損切りしなくなったりする気持ちは分かります。

ただしそれらも含めて最適化されていますので、なるべく静観するようにしましょう。

 

・ドローダウンに注目する

自動売買のドローダウンは、無いほうがおかしいと言えるくらい必ず起こります

そこでデモ口座でまずはテストをして、大きなドローダウンがあった後に本番口座で稼働させるのも有効でしょう。

また逆に、年間の期待値を超すような利益が短期間で出た場合は、今後ドローダウンが続いてバックデーターに収束していくだろうという目線も重要です。

いずれにせよ、EAに裁量要素を加えるのは好ましくありませんが、「動かす」「止める」の判断は効果的ですので割り切って行いましょう。

 

 

以上です。

 

FXのEAで利益の上げるためには、まず良質なEAであることが大前提となりますが、使い方も重要になってくるでしょう。

今一度、EAの一時停止や再稼働のルールを見直してみてはいかがでしょうか。