未分類

FXで経費にできるものは?開業したら節税になる?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

FXでせっかく儲けても、税金を持っていかれるのがばからしいというトレーダーも多いでしょう。

そこで今回はFXの経費について取り上げますが、税金が絡む内容ですのであくまで一般論としてお聞きください。

 

 

FXの経費は何がある?

 

FXトレーダーの多くは何かモノを仕入れるわけでもなく、また誰かに外注して取引を委託するわけでもありませんのでとにかく経費がほしいのではないでしょうか。

ただし、明らかにこれがないとFXができなかったという出費に関しては当然ながら経費として認められるでしょう。

例えばツールの使用料であったり、FXセミナーの参加料やその交通費、また教材として購入した書籍などです。

またパソコンや光熱費などはFXのために使用した部分は認められますが、生活の一部として利用されていると判断された分は引かれますので注意しましょう。

 

 

専業トレーダーは経費が増える?

 

 

 

FXの専業トレーダーとして開業すれば、経費が増えると考える人もいるかもしれません。

しかしFXでは、不動産でいう「5棟10室基準」のような「こうすれば事業規模だ」という明確な基準がありません。

したがって、専業であるか副業であるかの区別は大した意味はなく、やはり先ほど言った経費の実態で税務署は判断するでしょう。

 

法人にしたら経費が増える?

 

FXトレーダーが投資業として法人を設立した場合は経費の幅が広がるでしょう。

それは認められる経費が緩くなるという意味でなく、法人にかかる法人税や、役員報酬にかかる所得税など、所得分配ができるからです。

しかし法人を設立すると、設立自体に約20~30万円のコストがかかりますし、赤字であろうが10万円弱の均等割りという法人税がかかります。

また個人事業主では免除されていた社会保険料も大きな負担となりますので、よほど利益を稼いでいるケースでなければ法人設立はお勧めできないでしょう。

 

以上です。

結論を言うと経費の裏技という話ではなかったのですが、経費がないということは最低限の出費でスタートできると前向きにとらえるべきでしょうか。

いずれにせよ個々の経費については税務署の解釈次第なところはありますので、必ず税理士に確認するようにしましょう。