裁量取引

FXのアービトラージとは?本当に勝てるの?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回はFXのアービトラージについてお話しします。

賛否がある手法ですが、その内容と注意点を見ていきましょう。

 

 

FXのアービトラージとは?

 

 

アービトラージ(裁定取引)とは、同じ商品の価格差で利益を上げる手法です。

実はFXのレートは、配信する会社によって若干異なります。

それは誤差レベルですぐに収束するのですが、この乖離が発生した一瞬を狙って取引するのがアービトラージです。

仕組みだけ聞くと100%勝てるような印象も受けるかもしれませんが、これから話しするデメリットに注意しましょう。

 

アービトラージのデメリットは?

 

FXのアービトラージでは、乖離が発生した一瞬を狙わなければなりません。

したがってマシンスペックはもちろんのこと、通信環境についてもかなりのレベルを要求されるでしょう。

むしろ一般的な環境ではまず無理だと思ってください。

また、そもそもアービトラージはFX会社の規定で禁止されているケースがほとんどです。

中には「これはアービトラージをやっている」とシステムで察知する業者もあり、即座に口座を凍結されますので自己責任で判断しましょう。

 

 

FXのアービトラージは本当に勝てる?

 

 

結論から言うとFXのアービトラージはお勧めしません。

勝てるには勝てるのでしょうが、設備投資や口座凍結のリスクを背負ってまでして得られるリターンが少ないからです。

また最近では仮想通貨のアービトラージもよく宣伝されています。

確かに仮想通貨は業者間の価格差が大きいので向いてそうに見えますが、やはり仮想通貨取引所の現状の約定力では厳しいでしょうか。

中には業者間で送金して行うという方法も見られるのですが、そうしている間に価格が収束するだけでなく、送金コストという二重のデメリットがあるのは言うまでもありません。

いずれにせよアービトラージはその勝てそうな仕組みから、よく初心者が勘違いしやすい手法ですので十分に注意しましょう。

 

以上です。

裁定取引自体はサヤ取りともいわれ、昔からある商取引の手法であり否定するつもりはありません。

しかしFXでは危険を冒してアービトラージをするよりは、きちんとしたテクニカル分析で長くかつ多くの利益を上げていってみてはいかがでしょうか。