裁量取引

FXのエリオット波動と雲の関係は?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

以前、エリオット波動は上昇第1波をいかに早く予想するかが重要であり、その判断基準のひとつが直前価格のフィボナッチであるという話をしました。

そこで今回は、FXの「雲」を利用した予測方法について確認しましょう。

参考:エリオット波動の第1波はどこからどこまで?

 

 

FXの雲とは?

 

FXの「雲」は一目均衡表(いちもくきんこうひょう)で表示される、将来の相場を予測するシグナルのひとつです。

具体的な使い方としては、ローソク足がこの雲に突入してから抜けるタイミングを相場の転換期と予測するというのが一般的でしょう。

また一目均衡表の他のシグナル(基準線など)と一緒に表示させずに、敢えて単体で使うこともありその使い方は様々です。

今回はエリオット波動との検証となりますが、移動平均線はもちろんのこと、MACDやRSIなどとも相性が良いと言われていますので覚えておきましょう。

参考:FXの一目均衡表って何?分かりやすく教えて!①

参考:FXの一目均衡表って何?分かりやすく教えて!②

 

 

エリオット波動と雲の関係は?

 

FXのエリオット波動は、細かいノイズはさておき比較的大きなうねりを形成します。

したがって、同じく大きなうねりを伴って色が反転する「雲」とは、ある程度の親和性が認められると言えるでしょう。

さらに言うと雲自体が将来的な相場を予想するシグナルであり、エリオット波動の上昇第1波を予測する目安ともなりますので、実際に例を見てみましょう。

 

例えば画像のような上昇トレンドが発生したとします。

 

エリオット波動の第1波を引いてみて、と言われたら多くのトレーダーがこのように描写するでしょうが、第1波には反発も多くリアルタイムであれば迷うこともあるのではないでしょうか。

 

そこで参考にするのが雲ですが、ご覧のように価格が雲を下抜けすれば第1波終了と判断する方法です。(逆に価格が雲の上にいる間はトレンドが続く)

 

そして第3波発生後も同じように判断していけば、拡大してみるといびつながらもエリオット波動が完成してるのが分かるでしょうか。

もちろん100%こうなるわけではなく、またこのように大きな3波が形成されること自体あまりないのですが、価格が雲を抜けるタイミングエリオットの相場が転換する時期は相関性があるということを覚えておきましょう。

 

以上です。

エリオット波動で最も重要な第1波の終点予測ですが、今回話した雲にしろ、フィボナッチ指数にしろその方法はたくさんあります。

色々試してみて、自分に合ったものを見つけてみてはいかがでしょうか。