裁量取引

FXのストキャスティクスって何?使い方は?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回はFXのオシレーターの代表でもあるストキャスティクスを紹介します。

使い方次第ではきちんとと利益を上げられる手法ですので、しっかり押さえておきましょう。

 

 

FXのストキャスティクスとは?

 

 

ストキャスティクスとは、現在の価格が買われすぎか売られすぎか判断して逆張りの注文を入れるトレード手法です。

具体的には「%K(パーセントK)」と「%D(パーセントD)」という、算出期間が異なる二本の線が交わる箇所で判断します。

細かい計算方法よりも、まずは短期の「%K」が先行し、後から中期の「%D」が追いついてくる、と覚えておきましょう。

そしてエッジバンドというラインを越えて二つの線が交わった時がエントリーチャンスです。

また一般的にエッジバンドが20~30以下であればロング、70~80以上であればショートの目安とされていますので、過去チャートで検証してみましょう。

 

レンジ相場で威力を発揮する

 

 

ストキャスティクスは、レンジ相場での活用が望ましいでしょう。

なぜならばストキャスティクスで算出された価格内で上下することが前提であれば、画像のようにエントリーポイントとチャートの底や天井と類似するケースが多いからです。

しかしそのレンジを価格が抜けた時は、うって変わっておかしなインジケーターとなりますので注意しなければなりません。

 

ストキャスティクスのデメリットは?

 

 

ストキャスティクスの理論は、計算された範囲で価格が動くと仮定されていますので、やはりそのレンジを抜けるブレイクに弱いです。

ポジションの逆方向にブレイクしたにも関わらず「いずれ戻るだろう」と過信していると、どんどん伸びていってコツコツ積み上げた利益が一瞬で吹き飛ぶことがあるのがこの理論の怖いところでしょう。

ブレイクの予兆さえ分かれば分かれば回避できるのですが、その指標としてストキャスティクスと相性が良いのは、ボリンジャーバンドやATRバンドなどの標準偏差系でしょうか。

いずれにせよストキャスティクスの逆張りが外れた時は損失が大きくなる傾向がありますので、損切りの管理には十分注意しましょう。

 

 

以上です。

ストキャスティクスはオシレーターの基本であり、熟練した裁量トレーダーからも、またEAの自動売買でもよく使われている理論です。

しかしトレンドが発生するときや相場が荒れるときには向きませんので、レンジ状態で試してみるようにしましょう。