裁量取引

FXのダブルトップとダブルボトムの注意点は?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回はダブルトップやダブルボトムで相場の転換期を狙うときの注意点についてお話します。

 

 

FXチャートのWの形は何を表す?

 

FXのチャートで「W」の形状が発生した時、相場の底や天井を表すシグナルのひとつとして考えられています。

それは一時的なネックラインで反発したものの、投資家たちが「もうここは底(天井)だ!」と決定付けることでネックラインを突き抜けて勢いが増すからです。

逆にネックラインが機能しつづけていれば、底(天井)が見えない不安な状態が続いており、そのままズルズル動くのではないかという予想もできるでしょう。

このダブルトップとダブルボトムは、シンプルながらも相場の転換期を予想できる(=安値で買える)指標となりますので覚えておきましょう。

 

実際に使うときの注意点は?

 

ダブルトップとダブルボトムはを意識するときは、次のことに注意しましょう。

綺麗な形になるとは限らない

テクニカル分析では、サポレジしかり三角持ち合いしかり、その形状が綺麗であるほど望ましいとされています。

しかし特にダブルトップやダブルボトムでは、綺麗な「W」の形になることがほとんどありません。

この解釈はトレーダー次第な所はありますが、底(天井)の反発の強さやネックラインのもみ合いが重要となりますのでここも意識しましょう。

 

騙しに注意する

ダブルトップやダブルボトムは騙しも多いので、ネックラインを抜けたからといって早々にエントリーするのは好ましくありません。

むしろそこが相場の天井や底であれば、少々エントリーが遅れたとしても十分な利益が得られますので、ひと呼吸おいて判断することをお勧めします。

 

上位足を確認する

こちらもテクニカル分析の基本でありますが、ダブルトップやダブルボトムはシンプルがゆえに上位足の確認が非常に重要となります。

例えば下位足でダブルトップが発生したものの、上位足で長期的にレジスタンスが機能していれば見送るといったように、プラスアルファで判断しましょう。

 

 

 

以上です。

ダブルトップやダブルボトムはその形状だけでなく、各種指標や他のシグナルと合わせて判断するようにしましょう。

本日の雇用統計を控え相場の転換期が予想される通貨ペアもいくつかありますので、「W」の形を意識してみてはいかがでしょうか。