裁量取引

FXのフィボナッチの使い方は?なぜ重要なの?

こんにちは、UnLimiteDです。

今回はFXの分析で重要なフィボナッチについてお話しします。

 

 

フィボナッチとは?

 

フィボナッチは、イタリアの数学者であるレオナルド・フィボナッチが考案した「1対1.618」という数字の比率です。

これは人間が最も美しく感じる黄金比率ともいわれ、芸術作品や企業のロゴにもよく使われているようです。

身近なところではキャッシュカードや名刺などの縦横比はこの比率に近く、探してみると他にもあることでしょう。

 

FXチャートでのフィボナッチの使い方は?

FXでフィボナッチを活用する場合、「0」「23.6」「38.2」「50.0」「61.8」「100.0」という数字がよく用いられます。

具体的な計算方式を覚える必要はありませんが、この比率について視覚的に慣れることが重要でしょう。

またフィボナッチのラインを引くときの0~100までの範囲は、トレンドの起点からトレンドがいったん終了する反発時点までが一般的です。

例えば上昇トレンドでしたら上昇が始まるローソク足の下値が起点で、上昇が終わる(反発が始まる)ローソク足の上値が終点です。

 

 

またMT4ではデフォルト設定でフィボナッチの描写機能があり、自動的にフィボナッチ指数を表示してくれますので、どこでもいいのでドラッグしながら引いてみましょう。

 

 

 

 

FXでフィボナッチが重要な理由

 

FXでフィボナッチが重視される理由は、チャートにも黄金比率が現れる傾向があるからです。

チャートは人間が形成するものなので、人間が美しく感じる形に無意識に形成していると言われれば合点がいくでしょうか。

例えば画像の例では、上昇トレンドがいったん終わり、61.8付近で再び反騰しています。

 

さらにその後のトレンドも再び61.8付近で反騰しています。

またよく見ると「0.0」「50.0」といった数値でもサポートラインが形成されていたり、レジスタンスラインともみ合ったりしているのが分かるのではないでしょうか。

もちろんチャートの全てにフィボナッチ比率が適用されるわけではありませんが、多くの投資家が注文または利確や損切を意識している目安ですのでぜひ覚えておきましょう。

 

今回は以上です。

フィボナッチ係数を用いた具体的な取引手法は、今後いくつかに分けてお話しする予定です。

まずはフィボナッチのラインは多くの人が転換期として意識しているということを覚えておきましょう。