Trade Thinking

FXのリペイントって何?しないほうが良い?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回はFXのインジケータのリペイント機能についてお話しします。

こちらに関しては賛否両論ではありますが、それぞれのメリットとデメリットを押さえておきましょう。

 

インジケータのリペイント機能とは?

 

FXのリペイント機能とは、インジケータなどのシグナルを描写し直す機能であり、画像のようなシグナルサイン系のツールによく見られます。

例えば矢印などのシグナルが出現したと思ったら消えてしまったり、表示されたラインの位置が急に変わったりすれば、リペイント機能があると思って良いでしょう。

なぜリペイントが起こるかというと、シグナル出現の条件である現在価格やローソク足の形状は常に動いていますので、それに合わせてシグナルも書き換えらえるからです。

またリペイント自体が良いか悪いか以前に、ありかなしかによって使用感が異なってきますので、実際にトレードする前に必ず確認するようにしましょう。

 

リペイントありの特徴

リペイント機能ありのインジケータは「後だしジャンケン」と良く言われるように、どうしても見栄えの良い結果になってしまいます。

それはローソク足が完全に形成されてからシグナルも完成されますので、その結果だけ見るとシグナルの勝率が高いように見えるからです。

極端に言うとリアルタイムでチャートの底を予想しろと言われたら難しいですが、既に出来上がったチャートに底はどこ?と聞かれたら容易に答えられるようなものでしょうか。

またシグナルがリアルタイムで出現したとしても、チャートが完成した時には全然違うところに移動していたということもあり得ますので、シグナル出現=エントリーではないことに注意しましょう。

 

リペイントなしの特徴

逆にリペイント機能がなければシグナルがころころ変わるということはなくなるのですが、シグナルの出現が遅くなるというデメリットがあります。

なぜならば、リペイントなしである程度の信ぴょう性(勝率)を確保しようとすると、ローソク足がそれなりに完成してからでないとシグナルを表示できないからです。

シグナルの出現が遅くなるほどエントリーにも遅れが出てしまい、高値掴みや往復ビンタに遭う可能性もありますので注意しましょう。

 

 

FXではリペイントの有無はどちらが良い?

 

結論を言うとリペイントが良いか悪いかは、インジケータの理論や自分のトレードスタイル次第でしょう。

例えばMAのゴールデンクロスやデッドクロスはいち早くエントリーする必要があるため、リペイントありで取り合えず出現したサインを元にエントリーや騙しの判断をするのが好ましいでしょうか。

逆に長期トレードで大幅な利益を狙うようなときは、リペイントなしのシグナルを基準にじっくり考察しても良いかもしれません。

いずれにせよリペイントがあるかとらいって必ずしも悪いことではありませんので、上位足を参考にするなどしてそのシグナルが確実であるかを判断するようにしましょう。

 

以上です。

リペイントなしで勝率が100%というインジケータがあれば良いのですが、もちろんそのようなものはありません。

逆にリペイントありでも工夫ひとつで勝率がぐっと上がりますので、そのインジケータの理論や癖に慣れていくようにしましょう。