裁量取引

FXの上位足の確認方法は?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回はテクニカル分析での上位足の確認方法についてお話しします。

上位足の重要性は本ブログでも触れてきましたが、改めておさらいしましょう。

 

FXの上位足とは?どの時間足を確認する?

 

上位足(じょういあし)とは、ローソク足の区切りが長い時間足のことです。(その逆が下位足です)

言葉の定義だけで見ると、日足や週足が上位足と捉えられがちですが、現在見ているチャートより長ければそれが上位足という認識で構いません。

例えば1分足で取引していれば、5分足も上位足といったことです。

また現在見ている時間足に対して参考にする上位足があまりにもかけ離れたら、かえって相関性が分かりづらくなる可能性があります。

例えば1分足であれば5分足や15分足が参考にされ、15分足では1時間足や4時間足が参考にされる傾向があるでしょうか。

この辺は取引する手法やチャートの形によって異なりますので、あくまでも目安として覚えておきましょう。

 

上位足を確認する意味は?

 

FXの上位足を確認する理由は、現在見ているチャートのトレンドが正しかどうかを判断する目安になり、騙しを回避できる可能性があるからです。

 

例えば画像のように、ユーロドルの15分足で価格が上昇しているとします。

 

しかし4時間足を確認してみるとレジスタンスラインが機能しており、15分足での上昇は下降トレンドの一時的な反騰とも取れるため、エントリーは控えたほうが良いかもしれません。

 

また今度はNZDドルの15分足で価格が上昇しているとします。

 

次に4時間足を確認してみると、ユーロドルの時とは逆にサポートラインが機能していることが確認できましたので、エントリーする信ぴょう性が高まったと言えるでしょう。

 

このように一見同じように見えるトレンドでも、上位足を確認することで解釈が全く異なるケースがあることを覚えておきましょう。

今回の例はほんの一例でありエントリーを促すものではありませんが、今見ているローソク足のトレンドはあくまで上位足の大きなトレンドの一部だということをしっかり意識しておきましょう。

 

 

以上です。

トレード手法がスキャルピングであれスイングトレードであれ、上位足を確認することはテクニカル分析の基本です。

むしろ今見ているチャートの横に上位足を常に表示させておくくらいで構いませんので、エントリー前に確認する癖を付けましょう。