Trade Thinking

FXの休日はいつ?取引してはいけない日は?

こんにちは、UnLimiteDです。

もうすぐゴールデンウィークということで、今回はFXの休日ついてお話ししたいと思います。

 

FXの休日はいつ?

 

基本的にFXの取引所は土日や年末年始に閉めるため、日本に住む私たちはFXトレードができません。

しかし取引ができないだけで為替自体は24時間動いており、例えば土日でも中東の一部の国では為替取引がされています。

 

 

この取引による価格の影響は少ないと言われているものの、画像のように週明けの調整でレートが飛んでいるのを、見たことがある人もいるのではないでしょうか。

このように休日でも為替が動くことはありますので、土日前のポジション整理も意識してください。

 

海外の記念日は?

 

私たちが注意したいのは土日や年末年始だけでなく、日本に馴染みのない外国の記念日や休日です。

その理由は、外国の方の「休む時は徹底的に休む」という気質もあるのか、為替取引もされず価格が動かなくなる傾向があるからです。

価格変動がなければトレンドを読みにくくなりますし、極端なケースではスプレッド分の変動すらなくなりますので、時には取引をしないという判断をしなければなりません。

なお海外の記念日の一部を紹介しますので参考にしてください。

・イースター(4月上旬)

キリスト教徒の大切な休日。月の満ち欠けが関わるので毎年日にちが変わる。

・メーデー(5月1日)

労働者の日。日本のGWも重なってこの日の取引量は大幅に下がる傾向あり。

・米国独立記念日(7月4日)

土日の場合は振替休日あり。アメリカ人が一斉に休む日と言われている。

・レイバーデー(9月の第1月曜日)

アメリカ版、労働者の日。

・クリスマス(12月25日)

日本でもおなじみのキリストの降誕祭。この日前後から年始まで為替の変動は少なくなる。

 

以上です、外国の記念日は意外と忘れられがちですので、経済指標と合わせて毎日チェックするようにしましょう。

 

政倉翼 【カリスマニート】さんが配信しているyoutubeで配信、宣伝しているFX最強ツール「infinity」とは一切関係がありません。
また、販売会社とも一切の関係はありません。

ご理解のうえ当ブログをご覧になってください。