裁量取引

FXの板情報はあるの?どこを見たらいい?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回は株式取引でおなじみの板情報についてお話しします。

結論から言うとFXで板情報を見ることは難しいのですが、その理由と代替方法について確認しましょう。

 

 

板(いた)情報とは?

 

 

板情報とは、現在の価格近辺で売り注文と買い注文がどれだけ入っているかが分かる一覧表のことです。

注文数が板と呼ばれるバーで表示されており、売りの板が厚い価格帯は上げ止まり、逆に買いの板が厚い価格帯は下げ止まりの目安といったように、相場状況が視覚的に判断できます。

株式では当たり前のように活用されるものですが、FXにおいて板情報を提供しているFX会社はごくわずかでしょう。

それは、株式市場は直接取引と呼ばれているように売り手と買い手がいて初めて成立するため板情報に信ぴょう性があるのですが、FXでは相対取引と言ってFX会社が立て替える形式で板情報が曖昧になるからです。

さらにFX市場自体が株式市場と比較にならないくらい膨大な流通量であり、そもそも正確な板情報を計算することも困難でしょう。

以前はFXでも、世界中の板情報を予想して提供しているサイトもあったのですが、やはり信ぴょう性に欠けるせいかほとんどなくなってしまいました。

このように、FX市場で板情報を参考にすること自体、あまり意味がないと言っても過言でありませんので覚えておきましょう。

 

FXで板情報の代わりになるものは?

 

FXでは板情報があまり意味がないと言いましたが、板情報に代わる代替案はたくさんあります。

例えば下げ止まりを見たければ、オシレーターなどはある程度信頼できるシグナルですし、レジスタンスラインひとつでも十分予想することもできます。

さらに言うと株式の板が厚い価格帯はキリのいい数字であることも多く、アノマリーというくくりで言えばサポートやレジスタンスも考え方は同じと言えるでしょうか。

もちろん株式の板情報についても厚い板を抜けてブレイクすることは多々あり、そもそも確実というものではありません。

したがってFXには板情報がないと悲観する必要は全くなく、代替できるどころか工夫一つでそれ以上の精度を見つけられますので意識しておきましょう。

 

 

以上です。

板情報はあればもちろん役に立ちますし、それを基にした手法やツールがあるのも事実です。

ただしテクニカル分析がしっかりできれば、板情報がなくてもチャートさえあれば通用しますので今回の話を機に見直してみてはいかがでしょうか。