Trade Thinking

FXの通貨ペアはどれを選べばいいの?

こんにちは、UnLimiteDです。

FXの通貨ペアは多数あるため、特に初心者の方の中にはどれで始めたらいいのか分からない人もいるでしょう。

そこで今回はFXの通貨ペアの特徴や選び方についてお話ししたいと思います。

 

 

FXの通貨ペアの特徴は?

 

FXで使われる通貨ペアは、それぞれ特徴がありますので順番に確認していきましょう。

メジャー通貨とマイナー通貨

米ドルや日本円、またユーロやポンドは世界的にも流通量が多く、比較的安定したメジャー通貨と呼ばれています。

これに対し、メキシコペソやトルコリラなどはマイナー通貨と呼ばれており、変動が大きいものの高スワップが魅力的な通貨と言えるでしょう。

ただしメジャー通貨でも急な変動は当然ありますし、マイナー通貨もスワップポイント以上の下落がよく起こりますので注意が必要です。

取引量が多いか少ないか

FXトレードでは一定以上の値動きがなければまとまった利益を得られませんので、取引量や値幅(ボラティリティ)から通貨ペアを選択するのもひとつの手でしょう。

ただし取引量が多ければ必ず勝つわけではありませんし、予想される損失もそれに伴って大きくなります。

またボラティリティ上位の通貨ペアにはNZドルやスイスフランなどの若干マイナーな通貨もありますが、聞き慣れない人は避けたほうが良いかもしれません。

スプレッドの違い

ドル円やユーロ円などはスプレッドが比較的狭く、一部のスキャルピングトレーダーや初心者トレーダーに選ばれる傾向があります。

しかしスプレッドは狭いに越したことはないのですが、それだけを見て通貨ペアを選ぶのは好ましくありません。

多少スプレッドが広くても値動きやトレンドがある通貨ペアのほうが良い時もあり、これは本当にケースバイケースでしょう。

 

通貨ペアはどれを選べばいい?

 

 

FXの通貨ペアの選び方ですが、やはりメジャーなもの同士のクロス通貨、ストレート通貨から始めるのが無難でしょう。

なぜならば、これらの通貨ペアは一般的にトレンドが出やすく、また続きやすいと言われているからです。

これらの通貨ペアでテクニカル分析ができるようになれば、あとはチャートの形だけ見ていればいいので、他の通貨ペアでも流用できるでしょう。

よほどその通貨に精通していたり思い入れがあったりすれば別ですが、初心者の方は特にドル円やユーロドルなどのメジャーな通貨ペアから始めることをお勧めします。

 

以上です。

FXの通貨ペアに関しては選び方も大事ですが、それぞれのトレンド予兆を見逃さないことも重要でしょう。

テクニカル分析ができるようになれば、ある程度の通貨ペアには応用できますのでぜひ意識してみましょう。