Trade Thinking

FXをスマートフォンでやるメリットとデメリットは?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回はFXのスマートフォンアプリについてお話ししたいと思います。

結論から言うとお勧めはしないのですが、その理由や内容を順番に確認しましょう。

 

 

FX会社がスマートフォン取引を扱う理由は?

 

一昔前はFXトレードと言えばパソコンに張り付くイメージがあったのですが、最近ではスマートフォンアプリで取引する人も多いのではないでしょうか。

FX各社がスマートフォンに対応したアプリを開発する理由は、やはりFXの敷居を下げて顧客を取り込みたいからでしょう。

余談ですが総務省が発表する「通信利用動向調査」のインターネット機器のシェアについて、2017年に初めてスマートフォンがパソコンを上回りました。

このような背景もあるからか、FX大手のGMOやDMMはもちろんのこと他社もこぞってFXのスマホアプリを提供しています。

またMT4についてもほとんどのFX会社がスマホアプリに対応していますので覚えておきましょう。

 

 

FXのスマートフォンアプリのメリットとデメリットは?

 

 

FXトレードをスマホアプリでやるメリットは、外出先からでも取引できる気軽さとスマホ一台でできる設備投資の敷居の低さでしょう。

しかしこれから話しする理由で私はスマホアプリでは取引をしません。

取引ツールの不足

裁量取引にとって最も重要と言えるインジケータが、スマホアプリの種類によっては使えない場合があります。

基本的なトレンド系やオシレーター系は内臓されているケースが多いのですが、カスタマイズされたインジケータはパソコンでしか作動しない可能性がありますので注意しましょう。

画面の小ささと操作のしにくさ

FXのテクニカル分析ではラインを引いたりチャートを拡大縮小したり、また他の時間足に切り替えたりとある程度の作業をしなければなりません。

もちろん「慣れ」というのもあるのでしょうが、敢えて小さな画面の中でしかも指で作業する必要はないでしょうか。

約定力の不安

FXの約定力は通信速度の影響もあるのですが、やはり無線のスマホは有線のパソコンに比べると劣る傾向があるでしょう。

特に出先からスマホ取引をする場合、速度の遅い無料Wi-Fiを拾ってしまい、思っていたのと全然違う価格で約定しまったということにもなりませません。

 

 

スマホアプリの活用方法は?

 

このよう理由からFXトレードをスマホアプリでやるのはお勧めしませんが、万が一の時にダウンロードしておくのは好ましいでしょう。

例えば出先で急な相場変動が起こり、損切りができないようなケースに保険となる可能性があるからです。

またMT4で自動売買をしている場合、損益状況を確認する手段としても有効でしょう。

ただし誤作動を起こしてはいけませんので、パートナー(招待用)パスワードでログインするなり工夫をしましょう。

 

 

以上です。

FXのスマホアプリも良い機能はあるのですが、やはり現状ではパソコンに軍配が上がるでしょうか。

またアプリでやるにしても、パソコンで十分にトレードスキルを付けてから挑戦することをお勧めします。