Trade Thinking

FX会社のカバー取引って何?

こんにちは、UnLimiteDです。

今回はFX会社のカバー取引についてお話しします。

 

FXのカバー取引って何?

カバー取引とは、FX会社が銀行(インターバンク)に対して我々トレーダーが入れた注文と同じ注文を入れることです。

カバーする理由は、極端な例ですがトレーダーが何十億もの利益を得た場合、FX会社も同じ注文を入れておかないと顧客にお金を返せないからです。

ただし膨大な注文量をすべてカバー取引するにはコストがかかるため、全てのFX会社が対応しているわけではありません。

そのカバー内容の違いで、FX会社は次のNDD方式とDD方式に分けられます。

NDD方式

NDD方式とは、ノン・ディーリングデスク(None Dealing Desk)を略したもので、ディーラー(FX会社)を介せず直接銀行(インターバンク)と取引するという意味です。

要するにFX会社がトレーダーの注文を全てカバー取引する方法であり、配信レートや約定力などの透明性はあるものの、コスト(スプレッド)が高くなるという傾向があります。

 

DD方式

DD方式とは、ディーリングデスク(Dealing Desk)の略で、ディーラーと顧客が一対一で取引するという意味です。

つまりカバー取引をするかどうかはFX会社のさじ加減ひとつであり、トレーダーが損をすればFX会社が呑んで丸儲けするといった図式です。

こうやって聞くとDD方式のFX会社は印象が良くありませんが、逆にこうでもしないとコンマ何pipsといった低スプレッドは提供できないでしょう。

 

 

FX会社を選ぶならNDD方式とDD方式はどちらが良い?

 

 

 

 

一般的に、FX会社はNDD方式のほうがスプレッドは広めであるものの約定力は高いと言われています。

そのためか、トレード履歴が長かったり扱うロット数が大きかったりする人はNDD方式を好む傾向にあるでしょうか。

また顧客が損するほど儲かるというイメージのDD方式より、何億儲けてもらってもOKというNDD方式のほうが心象が良いのは事実でしょう。

ただしDD方式でもしっかりした約定力のFX会社はありますのでこれは一概には言えません。

むしろ約定力の違いを実感できるほどトレード履歴を重ねてから、好みのFX会社を選ぶほうが望ましいでしょう。

 

以上です。

FX会社のカバー方法は不透明な部分も多く、DD方式にしろNDD方式にしろ広告や宣伝文句と異なる印象を持つこともあるでしょう。

逆に言うとトレーダーとしては最初からそこまでシビアに考える必要はなく、まずは取引スタイルを確立していくようにしましょう。