裁量取引

FX口座を凍結されたときの原因と対処法は?

 

こんにちは、UnLimiteDです。

今回はFX口座が凍結される原因とその対処法についてお話しします。

縁のない人にはとことん縁のない話ですが、知識として覚えておきましょう。

 

FXの口座凍結が発覚する流れ

 

FXの口座凍結は、まず注文が入らなくなることから気づくケースが多いです。

普段通りに注文を入れようとしたら、「お客様は取引できません」等のメッセージが流れて取引できなくなり、メールを見てみたら「規約〇〇条に基づきロックしました」という案内が来て凍結に気づくという流れです。

口座凍結になっても保有ポジションの決済は行えますが、新規注文はできませんし証拠金も(FX会社が本人確認するまでは)引き出せない場合もありますので、まあ焦るでしょう。

こんなことにならないためにも口座が凍結される原因と対処法についてしっかり押さえておきましょう。

 

FX口座が凍結される主な原因は?

 

規約違反の取引をした

口座凍結の一番多い理由はこちらでしょう。

例えばスキャルピングやアービトラージ(裁定取引)などは、FX会社との規約でそもそも禁止されており、FX会社によってはシステム察知で即座に凍結されます。

またFX会社が自社で用意したプラットフォーム以外の自動売買を行っても口座凍結される可能性はありますので、公式ではない外部ツールの利用などは控えるほうが望ましいでしょう。

 

なりすましの恐れがある

こちらは口座の名義貸しが疑われるケースです。

FXの規約では家族であろうが名義貸しを禁止しており、例えばいつもログインする時間が同じであったり、また取引が同時であったりすれば名義貸しの疑いを持たれて凍結される可能性があります。

また第三者への名義貸しは反社会勢力のマネーロンダリング(資金洗浄)に利用される疑いもあるため非常に厳しくチェックされています。

 

勝ちすぎたら凍結される?

よくFXで勝ちすぎたら口座凍結されるというウワサがありますが、それだけで凍結されることはなく都市伝説のようなものでしょう。

なぜならばNDD方式のFX会社であれば顧客の勝ち負けはそもそも関係ありませんし、DD方式の会社でも勝てるトレーダーの割合は想定内で風評リスクを考えれば排除するメリットがないからです。

したがって単純に利益が出たからというのではなく、上記の規約違反行為をして利益を上げたから、というのが原因と考えられます。

 

口座を放置した

FX口座は何か月も取引をせずに放置をしていた場合、口座凍結をされる可能性があります。

それはFX会社にとって、取引がない口座を管理するコストがもったいないというのもあるのですが、こちらもまたマネーロンダリングの疑いがあるからです。

FX会社の口座は入出金だけなら手数料がかからないケースも多く、それこそ預金口座を作れない人にとっては体の良い預金口座のようなものです。

このような休眠口座の売買によってマネーロンダリングが行われているのも事実ですので、いらぬ疑いを持たれないためにも使っていない口座は解約するか取引するかはっきりさせましょう。

 

 

口座凍結された時の対処法は?

 

FX口座を凍結された場合は、すぐにFX会社に連絡しましょう。放っておいて凍結が解除されることはありません。

するとFX会社からいろいろな質問をされるのですが、基本的な本人確認はもちろんのこと、取引した通貨ペアや時間帯など凍結された理由によっては細かい点まで指摘されます。

その後、取引を継続できるかどうかはFX会社ごとの判断にはなりますが、先ほど言った口座の放置以外の理由ではまず再開できないと思っておいたほうが無難でしょう。

また証拠金が最終的に返ってくるとしてもその間拘束されるわけですし、何よりもストレスとなりますので凍結されるような行為をそもそもしないようにしましょう。

 

以上です。

FXの口座凍結は、従来以上に厳しく見られている印象はあります。

凍結の内容によっては大事(刑事事件等)に発展する可能性もありますので、代表的な原因については意識しておきましょう。