裁量取引

MACDのエントリーポイントはどこ?

こんにちは、UnLimiteDです。

今回はFXのトレンド分析でもよく利用されるMACDについて取り上げたいと思います。

 

 

MACDとは?

 

MACD(マックディー)は「Moving Average Convergence Divergence」の略で、2本の移動平均線を用いてトレンド分析する手法です。

またMACDに利用される移動平均線は、一般的に利用される単純移動平均線(SMA)ではなく、直近の価格に比重を置く指数平滑移動平均線(EMA)です。

そのため単純移動平均線を用いるトレンド分析よりも精度が高いと言われており、活用しているトレーダーも多いのではないでしょうか。

 

MACDの使い方は?

 

MACDの使う前に、短期線と長期線の値を決めなければなりません。

一般的には短期EMAは9または12、長期EMAは26といったところでしょうか。

 

 

次に注目するのは2本の線が交差するポイントで、基本的にここがエントリーポイントとなります。

画像のように中心の線(ゼロライン)から、より離れたところからエントリーすると精度が高くなると言われてますので意識しましょう。

 

MACDのデメリットは?

 

多くのトレーダーに利用されているMACDですが、レンジ相場や騙しに弱いというデメリットがあります。

これはある意味トレンド系インジケーターの宿命とも言えますが、勢いが出ないときは早々に損切りすることも重要でしょう。

私の場合は、先ほど言ったゼロラインからの距離のほか、二本の線の間の面積も重視しています。

例えば黄色のゾーンの面積(横幅)が小さいときはトレンドが弱いか、騙しですぐ反発するというようなイメージです。

もちろん100%当たるわけではありませんが、このように自分でルール付けしたり、また他の気配値と合わせたりすることで、精度が上がる可能性もあるでしょう。

 

 

以上です。

MACDは大きなトレンドでのpipsを期待できる反面、騙しやレンジにはめっぽう弱いと言えるでしょう。

FXでは待つこともトレードのひとつですので、むやみにポジションを持たずにトレンドを見極めるようにしましょう。