利用者さん

「UnLimiteD_EP」マニュアル

UnLimiteDで提供するツールを利用の際の注意点

・本ツールを利用してのトレードは利用者様の勝率・及びに利益を保証するものではございません。ご自身の判断でトレードを行ってください。
・本ツールを利用して、万が一利用者様が損失を出した場合、ツール製作者及びに提供者、ブログ管理人は一切の責任を負いません。
・本ツールはUnLimiteDが独自に開発・作成したもので、所有権はUnLimiteDが所有致します。無断での二次配布、譲渡、転売、デバック行為は固く禁止させて頂きます。
万が一、それらが発覚した場合は、法的処置を取らせて頂く場合もございます。

 

 

「UnLimiteD_EP」はエリオット波動、フィボナッチの理論、ダウ理論を基にエントリーと決済ゾーンを表示させるインジケータです。

本インジケータ単体でもご利用いただけますが、取引支援ツール「UnLimiteD_Trade」と併用することでより視覚的かつ簡単に取引ができますのでこちらも導入してください。

※「UnLimiteD_Trade」の導入方法及び使い方はこちら

 

目次(※クリックで各項目へジャンプします)

MT4への導入

ツール表示方法

ツール仕様マニュアル

パラメータの説明

 

 

MT4への導入

 

①まずはお手元にあるZIPファイル「UnLimiteD_EP」を解凍してください。

 

②次に解凍して生成されたフォルダをダブルクリックして中に「MQL4」フォルダと「templates」フォルダがある事を確認してください。

 

③MT4を立ち上げて、左上にある「ファイル」から「データフォルダを開く」を選択し、データフォルダを開いてください。

 

④先程解凍したフォルダの中身である「MQL4」フォルダと「templates」フォルダを、データフォルダにコピーして貼り付けします。

 

⑤MT4のナビゲーターウィンドウを右クリックし「更新」をクリックして「インディケータ」フォルダに「UnLimiteD_EP」が表示させれば導入は完了です。

 

 

※インディケータが展開されてなく、中身が見えない場合は、「インディケータ」の文字の左にある「+」マークを左クリックすれば中身が展開されます。

 

MT4への導入は以上です。

 

 

 

ツール表示方法

 

①「UnLimiteD_EP」を表示させたいチャートを開いてください

 

②チャート上で右クリックをして、「定型チャート」→「「UnLimiteD_EP」を選択してクリックしてください。

 

③するとチャートの左上に「メールアドレスを入力してください」というメッセージが表示されます。

 

④先ほどと同じようにチャート上で右クリックして、今後は「表示中のインディケータ」をクリックしてください。

 

⑤「表示中のインディケータウィンドウ」が表示されますので、「UnLimiteD_EP」を選択して「編集」をクリックしてください。

 

⑥開かれたウィンドウの「パラメーターの入力」タブで、一番上のメールアドレスの欄に、稼働申請時に申請した「メールアドレス」を入力してください。

 

⑦「全般」のタブに切り替えて「DLLの使用を許可する」にチェックを入れて「OK」をクリックしてください。

 

⑧チャートの左上の「メールアドレスを入力してください」というメッセージが消えて、ラインの描写ができるようになるとと反映ができています。

 

※メッセージが消えなかったり、「アカウント無効」のメッセージが表示されたりすると認証がうまくできていない可能性があります。


恐れ入りますが、お問い合わせ窓口にご連絡下さい。

 

⑨なおテンプレートを上書きすることで、毎回メールアドレスを入力する手間が省けます。
(②で定型チャートを読み込むだけですぐに利用できます)

テンプレートを保存したいチャート上で右クリックして、「定型チャート」→「定型として保存」をクリックしてください。

 

 

⑩「名前を付けて保存」の画面が表示されますので、ファイル名を「UnLimiteD_EP」にして保存をクリックしてください。

※パラメータを変更したものを何種類か保存したい場合は名前を変更してください。

 

⑪上書き保存の確認メッセージが表示されますので、「はい」をクリックしてください。

 

ツール表示方法は以上です。

 

 

ツール仕様マニュアル

 

【UnLimiteD_EP】波動のラインを描写することでエントリーポイントやTPライン、SLラインのゾーンを表示させるツールです。

①描写ボタン

それぞれのボタンを押すとチャート上にカーソルが表示されますので、描写したいポイントでクリックして下さい。
起点:波動の起点」→「1:上昇第1波」→「2:上昇第2波」→「3:上昇第3波」→「 4:上昇第4波」→「5:上昇第5波」の順番で描写できます。
なお「A」→「B」→「C」→「D」→「E」→「F」とアルファベットでも表示させることができます。機能は同じですのでお好みに合わせて使い分けて下さい。
また「連続描画」を押すことで、「1,2、3、、」の描写ボタンを押し直さなくても連続でラインを描写できます。
この状態で他の作業をするとラインが描写され続けてしまいますので、描写が終わったら再度クリックして「連続描画」を解除してください。
間違って描写した場合は「戻る」ボタンでひとつ前の描写まで戻り、「描画クリア」ボタンですべてのラインを削除できます。

②描写カーソル

描写の基準となるカーソルです。
マウスの動きと連動し、ローソク足に近づくと自動的に安値や高値に吸い付くマグネット機能付きです。
マグネット機能はローソク足の実体とひげに分けて吸い付くようになっていますが、ローソク足の形状によっては分けられない可能性もあります。

③青色のゾーン

波動の予兆を察知するゾーンです。
エリオット波動では急にトレンドが発生するのではなく、直前から小さなうねりが生じていると言われています。
ここのゾーンはフィボナッチ指数を基に算定されおり、事前にこの付近でサポレジが機能している(このゾーンでもみ合っているか)かどうかを確認することができます。

④オレンジ色のゾーン

こちらはエリオット波動の第3波、第5波の利益を狙うエントリーポイントです。
第1波を描写したときに、自動的にフィボナッチ指数の反発ポイントが計算されてこのゾーンが描写されます。

⑤紫色のゾーン

オレンジ色のゾーンでエントリーした時の損切りの目安となります。
フィボナッチリトレースメントの理論ではここのゾーンまで価格が戻れば、次の反発が弱くなる、もしくはトレンドは崩壊すると考えられています。

⑥黄色のゾーン

オレンジ色のゾーンでエントリーした時の利確の目安となります。
フィボナッチエクスパンションの理論では、トレンドに勢いが付くとここのゾーンまで価格が伸びると言われています。
画像はエリオット波動の第3波のゾーンですが、第3波の利益が取れたら引き続きラインを描写して第5波の利確ラインを表示させることができます。

 

エントリー例(Longエントリー) 

※本例では取引支援ツール「UnLimiteD_Trade」を同時に利用しています。
※「UnLimiteD_Trade」の導入方法や使い方はこちら

1.上昇トレンドで起点から上昇第1波までを描写

 

2.直前に青いゾーンでサポレジが機能していれば、その後オレンジ色のゾーンまで価格が下がるすると予想する

 

3.紫色のゾーンでSL、黄色のゾーンでTPを入れて、オレンジ色のゾーンで指値の買い注文を入れる

価格が既にオレンジ色のゾーンまで戻って指値注文が入らない場合は、成り行き注文を検討するが、高値掴みに注意する

 

4-1.価格が上昇し続けてオレンジ色のゾーンまで戻らない(指値が入らない)場合は1波のラインを引き直して、変更されたゾーンで再度エントリーする

4-2.指値が入ってたとしても、価格が下がってSLとなれば損失が確定。次回のトレンドに備える

 

4-3.指値が入り、なおかつTPで利確となれば上昇第5波を狙いに行く

 

5.描写機能でチャートが確定した上昇第3波までを描写し、第3波のときと同じように注文を入れる

6.第5波で予想がはずれても第3波で得た利益を残すため、100%ラインで分割決済を設定しておく

※分割決済につきましては「UnLimiteD_Trade」マニュアルをご参照ください。

 

※上記エントリー例はあくまでも1例であり、利用者様のエントリーポイントを示唆するものではありません。
本ページ冒頭の注意事項を閲覧して頂き、ご自身のエントリールールの参考程度にして頂ければと思います。

※ツールの利用方法などご質問がある場合はお問い合わせ窓口までご連絡ください。

 

ツール仕様マニュアルは以上です。

 

パラメータの説明

 

クリックでパラメータ画像が開きます

メールアドレス」:申請していただいたメールアドレスを入力して下さい。
クライアントログ出力フラグ」:こちらから指示がある時以外は「false」のままにして下さい。
フィボナッチリトレースメント設定」:ラインを描写したときにフィボナッチリトレースメントが描写されます。デフォルトで表示される各色のゾーンと類似していますので、特に意図しない場合は「false」のままにして下さい。
フィボナッチエクスパンション設定」:ラインを描写したときにフィボナッチエクスパンションが描写されます。デフォルトで表示される各色のゾーンと類似していますので、特に意図しない場合は「false」のままにして下さい。
その他の設定」:その他のパラメータは、ボタンの位置情報や配色、またフォントの大きさの設定となります。お好みやチャートの位置に合わせて変更してください。

 

パラメータの説明は以上です。